ナンプレ(数独)無料ゲーム

スポンサーリンク

TOP > コラム

だれでも簡単!iPhoneカメラの基本的な使い方
(設定4つとコツ3つ)

iPhoneのカメラ使っていますでしょうか?カメラを立ち上げてシャッターを押すだけで高画質。 簡単なのですが必要ないのに3回シャッターやストロボピカピカ。こんな残念を防ぐ4つの設定と、ワンランク上の写真を撮影するコツを3つ紹介します。

4つのメニューの設定


メニュー1. ストロボ(基本OFF)

イナズママークがストロボのスイッチです。ところがiPhoneのカメラは性能がいいのであまりストロボを使う機会はありません。
それにiPhoneのライトは遠くまで届きません。夜の風景なんかを人の多いところで撮ろうとすると届かないくせにライトがピカピカ光ってちょっとひんしゅくです。基本的にストロボはOFFにしましょう。


メニュー2. HDR(基本OFF)

HDRというのは写真を撮るときに一度に3枚、明るい、中ぐらい、暗いと撮って合成して綺麗な写真にする機能です。
動いている物はうまく撮れないのでこれもOFFにしておきましょう。


下がストロボとHDRをオフにした状態です。


メニュー3. セルフタイマー(基本OFF)

タイマーマークはセルフタイマーです。セルフタイマーを使うには三脚が必要ですね。あまり使わない機能です。

メニュー4. カメラの切り替え(基本バックカメラ)

フロントカメラとバックカメラを切り替えます。自撮りするときはフロントカメラに切り替えましょう。

写真を見るには

写真というアプリがあるのでそれをタップします。

iPhoneのカメラの3つのコツ

コツ1. フォーカスロック

iPhoneカメラで写真を撮るときにピントを固定する方法です。 こちらは簡単でカメラの画面から撮りたいものを長押しします。 すると黄色い枠が現れて上にAFロックと出ます。これでピントのロックが完了です。


コツ2. 明るさ調整

さらに明るさを調整することができます。 カメラの画面から撮りたいものを長押しすると黄色い枠が現れます。そのまま指を上に動かすとカメラが明るくなります。 逆に下に動かすと暗くなります。逆光や黒いワンコとかを撮るときは明るくすれば綺麗に撮れます。

長押しすると右側にスライドするバーが表示される。

上にあげると明るく。

下に下げると暗くなる。

コツ3. ズーム

カメラの画面に2本指を乗せるとズームのバーが表示されます。
2本指で開く動作をすればズームに(ピンチインといいます)
逆に閉じる動作をすればズームが解除されます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ナンプレ京(数独)
TOP
閉じる
閉じる