ナンプレ(数独)無料ゲーム

スポンサーリンク

TOP > テクニック > ユニークレクタングル

ナンプレ(数独)のテクニック15
ユニークレクタングル

下図のように[12]が入っているマスですが
1 2
2 1
でも
2 1
1 2
でも成り立ちます。どっちでもいいわけです。
どっちでもいいというのではナンプレの問題になりません。これが前提になります。

ちなみに[34]は入れ替わる事は出来ません。入れ替わるのが同じBOXではないので数字が入れ替わる事は出来ません。

ユニークレクタングル1

図のように[12]が入れ替わることができるパターンです。入れ替わることができればナンプレの問題として成り立たないので赤枠には[3]か[4]が入ります。

ユニークレクタングル2

このパターンでは上の[123]の2マスのうちどちらかは必ず[3]になります。ということは赤枠には[3]は入らないので[4]になります。

ユニークレクタングル3

このパターンでは下の[123]の2マスのうちどちらかは必ず[3]になります。ということはBOX内の他のマスには[3]は入りません。また左右のBOXのH行も[3]は入りませんね。

スポンサーリンク

ユニークレクタングル4

[129]のマスか[1289]のマスには[8]か[9]が必ず入ります。一番下に[89]が候補のマスがあるので上の水色のマスに[8]が入るとピンクのマスは[9]になり、水色のマスに[9]が入るとピンクのマスは[8]になるのでXの部分に[8][9]は入りません。

ユニークレクタングル5

[128]のマスか[129]のマスには[8]か[9]が必ず入ります。ピンクのマスは[89]だけが候補になっていますので水色のマスどちらに[8]か[9]が入ったとしてもピンクのマスに[8]か[9]が入るのでXの部分に[8][9]は入りません。

ユニークレクタングル6

下の[128][129]のマスのどちらかに[8]か[9]が入るのですが、この行の他の空いている場所に[1]が入るマスがありません。ということで下の水色のマスのどちらかに[1]が入る必要がありますので、下段の水色マスに[2]を入れることはできません。

ユニークレクタングル7

[128][129]のマスです。この行の空いているマスは全て[1]が入ることができないので、[128][129]のマスのどちらかに必ず[1]が入ることになり、[2]は候補から除外することができます。

NEXT:拡張ユニークレクタングル

ナンプレ(数独)のマスの名前

A1A2A3A4A5A6A7A8A9
B1B2B3B4B5B6B7B8B9
C1C2C3C4C5C6C7C8C9
D1D2D3D4D5D6D7D8D9
E1E2E3E4E5E6E7E8E9
F1F2F3F4F5F6F7F8F9
G1G2G3G4G5G6G7G8G9
H1H2H3H4H5H6H7H8H9
I1I2I3I4I5I6I7I8I9

スポンサーリンク

ナンプレ京(数独)
TOP
閉じる
閉じる