ナンプレ(数独)無料ゲーム

スポンサーリンク

TOP > コラム

レベル6問題110のヒント

レベル6問題110は、X-ウィングというテクニックを使います。行き詰まった方がいらっしゃると思います。今回はこれの解説です。

↑ここまでは消去法で入れていった状態です。ここまでなら進められると思います。

↑行き詰まりポイントです。[3]に注目します。縦に見て言って[3]が2つしかないところ。画面のピンクマスの部分は縦に見ると[3]が2つしかなく四角形ができています。この状態がXウィングで、左下の水色のマスに[3]は入ることができません。

↑ほか水色のマスに[3]は入ることができません。

X-ウィングの解説

↑ピンクマスの[3]に注目すると上の2つの図のパターンで[3]がはいります。

↑そのため赤い線の部分には[3]は入れません。くわしくはナンプレ(数独)のテクニック5 X-ウイングもご覧ください。

↑左下水色マスに[3]が入らないことから自動的に[H1]が[3]で確定です。

↑となると同じ行の[H2]が[7]、[H8]が[1]で確定します。

レベル6問題110はコチラから(会員登録が必要です)

↑自動的に[C3]も[7]で確定

↑[E3]は[6]で確定です

↑[I1]も[6]で確定

↑[5]の未確定はすべて確定します。

↑[6]もすべて確定します。

ここからさきはどんどん進むと思います。

ナンプレ(数独)のマスの名前

A1A2A3A4A5A6A7A8A9
B1B2B3B4B5B6B7B8B9
C1C2C3C4C5C6C7C8C9
D1D2D3D4D5D6D7D8D9
E1E2E3E4E5E6E7E8E9
F1F2F3F4F5F6F7F8F9
G1G2G3G4G5G6G7G8G9
H1H2H3H4H5H6H7H8H9
I1I2I3I4I5I6I7I8I9
ナンプレ京(数独)
TOP
閉じる
閉じる